金沢で120年以上続くお蕎麦屋さん「加登長(かどちょう)」の優しいおうどん

金沢で120年以上続くお蕎麦屋さん「加登長(かどちょう)」の優しいおうどん

こんにちは、金沢座 座長のスミタです。

観光客で賑わう近江町市場の外れにある「加登長(かどちょう)」。1891年創業と金沢でも有数の老舗のお蕎麦屋さんです。

金沢に観光に来られた方は、やはりお魚をメインで考えているかとは思いますが、金沢で120年以上愛され続けてきている味というのも味わい深いものがあると思います。ただし、観光客受けをするような派手なメニューはありません。金沢の地元に根づいた大衆料理なので、その点はあしからず。

広告

加登長は暖簾分けをしているので、複数店舗存在するので、できれば加登長総本店に行っていただきたいのですが、ここは10時〜15時までとお昼しか営業をしていません。総本店が難しかったら、香林坊にあるアトリオ店が良いでしょう。

加登長に行ったらぜひ食べていただきたい一品料理が「治部煮(じぶに)」。金沢の伝統料理で、鶏肉に小麦粉をまぶして、お麩やしいたけなどを煮た料理です。だし汁の効いた、どろっとした甘めの煮物です。

金沢で120年以上続くお蕎麦屋さん「加登長(かどちょう)」の優しいおうどん

てんぷらうどん。とてもシンプルなおうどんに、横にてんぷらが置かれています。金沢のうどんは大阪寄りで、出汁がしっかりと効いた味になっています。昔ながらの製法で、化学調味料・保存料などは一切使っておらず、とても優しい味です。

心からオススメできる、おいしいお蕎麦屋さんです。

ごちそうさまでした。

店名:加登長総本店
定休日:水曜
営業時間:10:00〜15:00
住所:石川県金沢市下近江町42

店名:加登長アトリオ店
定休日:香林坊大和と同じ
営業時間:10:00〜19:00
住所:金沢市香林坊1-1-1 香林坊アトリオB1F

広告
金沢で120年以上続くお蕎麦屋さん「加登長(かどちょう)」の優しいおうどん
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。