夫婦で金沢に移住した私たちが、ブログ「金沢座」を運営する理由

夫婦で金沢に移住した私たちが、ブログ「金沢座」を運営する理由
こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

2016年11月末に、住み慣れた東京を離れて金沢に夫婦で移住をしてきました。

僕は元々金沢の人間で、高校卒業と同時に県外に出ました。MOKOさんは転勤族だったので各地を転々としていたのですが、現在は横浜に実家があります。


広告

金沢に移住をした理由

東京から金沢に移住をしようと決めた理由はいくつかあるのですが、以下の2つの理由が大きいかと思います。

・来る日も来る日も満員電車に揺られて疲れる日々に疑問を感じた
・一生住むことはできないと感じてしまった

東京では100%電車生活になるかと思います。いろんなところに行けてとても便利なのですが・・・、毎日誰かケンカしていませんか?肩がちょっとぶつかっただけで怒ったり、ケンカで電車が遅延したり、ささいなことで舌打ちをしたり。

何も変な人が多いという意味ではなくて、そりゃ満員電車で毎日寿司詰めにされていたら、ストレスたまってしまうよなぁと思います。僕は誰かにケンカをふっかけるようなこともしたくないですし、そういったケンカをしている様子を視界にすら入れたくありません。

こういった気持ちが大きくなっていき・・・、東京に一生住むことができないと思い始めました。それであれば、自分が楽しいと思える場所に移住をしたいと思うようになり、僕たち夫婦は金沢に移住をすることにしたのです。

幸いにも、僕はネットがあればできる仕事をしているので、仕事のフットワークが軽いということも大きな要因だったと思います。無策で地方に行けば大きく収入が下がってしまいますからね。

金沢座を立ち上げた理由

さて、こういった経緯があって、僕たちは金沢に移住をしてきました。そして、金沢座というブログを2017年1月に立ち上げました。

実は僕は金沢という場所が本当はすごく嫌いだったんです。だから、高校を卒業してからすぐに親元を離れて県外に出て、数年に一度しか寄り付きませんでした。僕の学生時代は勉強・勉強で良い思い出が一切なかったからです。「早く大学受験を終えて、この場所をさりたい」と思い続けていました。

ただ不思議なもので、そう思っていたにもかかわらず、10年以上も立つと「今の自分があるのは金沢という町が育んでくれたおかげだ」という感謝の気持ちに変わっていました。

金沢は素晴らしい町ではあるのですが、地方都市なのでマイナーであるとも言えます。北陸新幹線の時を除けば、金沢のことがテレビで紹介されることはあまりありませんでした。

僕は町を活性化させるのは、人口だと思っています。人は活気を生むからです。

そのため、
もっと日本中から、金沢に旅行者さんが来てほしい!
もっと世界中から、金沢に旅行者さんが来てほしい!
もっと金沢への移住者を増やしたい!
もっと金沢に興味をもってくれる人を増やしたい!

と思って、金沢の良さを発信するブログを立ち上げるに至りました。

ちなみに、キレイごとだけではうまくいかないと思っています。ブログ内には迷惑にならない範囲で「広告」も貼っています。この広告収入をいただくことで、新しいお店や場所への開拓資金などにあてています。

金沢座のクレド

クレドってご存知でしょうか?

名刺交換などをすると、裏に企業としての理念などが書いてあることがあると思います。これをイメージしていただくと近いかと思います。

コトバンクによると、以下のように解説されています。

クレド(Credo)とは「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、経営者や従業員が意思決定や行動の拠り所にする基本指針です。

金沢座は企業ではなく、金沢の活性化の一助になりたいという思いで活動でしているのですが、クレドという言葉がとても好きなので、金沢座の基本方針としてクレドを作りました。

〜金沢座のクレド〜
・人のために役に立つ記事を書きます。自己満足のブログではなく、読んだ人が金沢のお店や人に興味を持っていただけるようにします。
・金沢の活性化のために、旅行者さんや移住検討者さんへのおもてなしの心を持ちます。
・一過性の愛ではありません。継続することを大切にします。

これからも、金沢座のすみた夫婦をよろしくお願いいたします。
広告
夫婦で金沢に移住した私たちが、ブログ「金沢座」を運営する理由
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。