金沢 東茶屋街のレトロな洋館「ビストロ とどろき亭」で優雅なランチを

金沢 東茶屋街入口にあるレトロな洋館で優雅なランチを
こんにちは、金沢座のMOKOです。

今日は東茶屋街へ向かう入口あたりにあるビストロとどろき亭さんでランチをしてきました。初めて東茶屋街に観光に来た時から気になっていたお店です。東茶屋街へ行かれる方なら、皆さん目にする場所に位置しています。

ザ・大正ロマン

金沢 東茶屋街入口にあるレトロな洋館で優雅なランチを

大正初期に建てられた建物で、銀行、信用金庫の支店などを経て現在のレストランに改装されました。外から見ても古き良きレストラン感は出ていましたが、中に入ってみてびっくり。天井が高くて解放感がたっぷりあります。このような造りは大正初期だからこそですね。今建てようとすると大変なお金がかかりそうです(;’∀’)

お店の左奥には昔、金庫として使われていた小部屋がワインセラーになっていました。調度品も趣のあるものばかりです。この上なく大正ロマンの雰囲気を感じられます。MOKOはこういう大正ロマンが大好きです。もっと早く来ていれば良かったです。

入店したのは日曜日の13時過ぎ位でした。先客は1組。私達が席についた後、続々とお客様がこられて、すぐにほぼ満席になっていました。

金沢 東茶屋街入口にあるレトロな洋館で優雅なランチを

広告

ザ・洋食

地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。まずはじめにサラダが運ばれてきました。フレンチドレッシングはやや少なめ。MOKOはべっちゃりかかっているのよりこちらの方が良いです。

地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。

続いて座長のハンバーグが運ばれてきました。お肉や野菜をペースト状に練り上げて作られているのでしょう、きめが細かく滑らかです。おソースが美味しい!これはなかなかお家では出せないお味です。

地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。

そしてMOKOの能登豚ロースが運ばれてきました。この焼き目を付ける焼き方、食欲をそそります。お肉も厚みがあって、食べ応えがあります。左側がバジルソース、右はマスタードソースです。2つのお味を交互にいただきました。とっても美味しかったです。

地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。

ご飯はこんもりと盛り付けられています。食いしん坊のMOKOでも満足出来ました!

地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。

こちらは夜はバータイムとして24:30まで営業されているそうです。ワイン好きな方にはとっても魅力あるお店ではないでしょうか。

大正ロマン全開のレストラン。今度はディナーで来てみたいです♪

店舗情報

店名:ビストロとどろき亭
営業時間:ランチタイム 11:30~14:30 (土日祝~15:30) ディナータイム 18:00~22:30(LO) バータイム 22:30~24:30 (24:00LO)
定休日:年中無休
住所:石川県金沢市東山1-2-1
電話:076-252-5755
HP:http://slowlife-kanazawa.com/todorokitei/

広告
地元の素材にこだわったランチメニュー数種類から選びます。MOKOは能登豚ロースの塩糀グリル、座長は特製ハンバーグを頼みました。
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。