金沢 青木クッキングスクールの郷土料理おせち 2020年

明けましておめでとうございます!金沢座 座長のすみたです。

みなさんはおせち料理を食べられましたか?

最近はいろんなところでおせちを売られているので、和洋折衷様々なものがあって、どれにしようか悩みますよね。

今年の我が家は、昨年に引き続き、MOKOさんがお世話になっている料理教室「青木クッキングスクール」のおせちをいただきました。


広告

包みを開けると

ピンクの包みを開けると、3段のお重が登場です。

料理のメニューなどがしっかりと書かれていました。

一の重

海老グラタンが例年のごとく美味!
また、僕は黒豆がそんなに好きではないのですが、青木クッキングの黒豆はものすごくおいしかったです。

二の重

鰆(サワラ)の昆布〆がちょうどよい〆具合。昆布の旨味がねっとりと効いていてお箸が止まりませんでした。
白山堅豆腐刺し身も、ふきのとう味噌でいただいたのですが、一口でペロリ。豆腐とふきのとうの旨味が濃縮されていました。

三の重

ローストビーフのおいしさは言わずもがな。おいしい以外の表現が見当たらないおいしさでした。
デザートとしていただいたのが、いちじくのワイン煮。小ぶりないちじくをワインの風味で味わい深くし、ちょっと大人なスイーツへと変貌していました。

編集後記

青木先生のおせちは、金沢の郷土料理はもちろんのこと、若い方向けの料理も入っていて、老若男女で楽しめるものだと思います。2年連続でおせちをいただきましたが、2年とも大満足のおせちとなりました。

ちなみに、青木クッキングスクールでは、おせち料理のコースも期間限定であるようなので、気になる方はお問い合わせしてみてください。
青木クッキングスクールHP

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。

関連記事



広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告