白山市 和田屋でお食い初め

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

僕たちの結婚披露宴で利用した和田屋さん。女将さんもとっても素晴らしい方で、いつも笑顔でお出迎えしてくださいます。僕たちにとって、とても大切な場所の1つです。

さて、だいぶ前になりますが、愛息のお食い初めは、白山比咩神社で百日参りを終えたあと、縁深い和田屋さんで行いました。


お食い初めとは

お食い初めとは、生後100日目に祝い膳を用意する儀式です。子供がこれから食べ物に困らないようにとの願いが込められています。

お食い初めの献立は一汁三菜で、赤飯、鯛、煮物、汁物、香の物となっています。もちろん、実際に赤ちゃんが食べるわけではなく、食べさせる真似をするだけです。さらに、「歯固めの石」というものも、膳の中央に置かれています。この石は、丈夫な歯になるようにとの願いを込めています。

広告

和田屋のお食い初め

お食い初め膳は伝統的なものです。僕たちが和田屋さんを披露宴で選んだのも、伝統的であるからです。日本の伝統を感じさせてくれる素晴らしいお店だと思っています。

立派な鯛!青いお皿が映えますね。

歯固めの石の儀式です。かなり嫌そうにしていました(笑)

お食い初め?大人用メニュー

赤ちゃんのお食い初めだけではお腹が空いてしまうので、大人向けのお食い初め?メニューもあります。

美しい達筆で、逆になんて書いてあるのか全然読めません(笑)

前菜
鱒の洗い
岩魚の塩焼き
揚げ物
お食事

前菜

季節の小鉢。紅葉がキレイですね。紅葉の後ろにある鱒寿司は絶品です。お土産としてお持ち帰りすることも可能です。

レンコンのハス蒸し。モコさんの得意料理の一つでもり、僕が大好きな料理の1つです。

鱒の洗い

紅葉の葉っぱが挟まれた紙をどけると、鮮やかなお刺身!

洗いとはお刺身の一種で、氷水で締めることで引き締まった食感を楽しめる料理方法だそうです。脂分が落ちてさっぱりしています。

お刺身を食べ始めると、横の囲炉裏で岩魚を焼き始めてくれます。

岩魚の塩焼き

岩魚の塩焼き。岩魚は雑食らしく、石でもなんでも食べるそうです。なので内臓はあまり食べないほうが良いとのことでした。

囲炉裏で焼き立ての焼き魚は絶品でした。

白扇揚げ

片栗粉と卵白で、さっぱりと挙げた料理を白扇揚げ(はくせんあげ)というそうです。出汁がかかっていて、揚げ出しとなっています。

ご飯物

わっぱ弁当で登場したのは、季節のきのこご飯!お味噌汁の中には、ゴリが入っています。お味噌汁にそのまま一匹とは驚きました。

デザート

リンゴのゼリーがデザートでした。甘みがちょうどよく、軽く10杯はいけるなと思いながら、一瞬で消えました。

編集後記

赤ちゃんが寝た時用にお布団も用意してくださっていました。聞くところによると、お食い初めは赤ちゃんが起きたタイミングでする方が多いようです。

和田屋さんの素晴らしい料理とお店から見える景色で、とても貴重な時間を過ごすことができました。

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。
店名 和田屋
おすすめ度 4.5(5点満点中)
タバコ 分煙
子連れ 子連れ可(個室あり)
住所 石川県白山市三宮町イ55-2
営業時間 11:15~21:00
定休日 第2第4火曜日
食べログ https://tabelog.com/ishikawa/A1702/A170203/17000270/
地図

関連記事



広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告