暗がり坂横の久保市乙剣宮のご利益・アクセス方法

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

主計町のすぐ横にある神社「久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)」。仕事でよくこの近くを通るので、近くを通りがかったときには参拝に行く神社です。

ひがし茶屋街にいく「ついで」の観光客の方がたま〜にいるかなという神社で、ほぼ地元民しかいません。


広告

泉鏡花生誕の地

この神社のすぐ近くに、金沢を代表する三文豪 泉鏡花の記念館があります。この町は泉鏡花生誕の町ということで、神社の横にはこのような看板が立てかけられています。


ちなみに、松尾芭蕉にもゆかりがあるそうです。

手水舎

ここの神社の手水舎での手洗いは・・・、僕はしたことがありません。水が流れておらず、ためられているタイプなので、少し心配でして。

狛犬

小柄な狛犬が見守っています。

ご利益

御祭神として、素戔嗚命(スサノオノミコト)を祀っています。ご利益としては、一家繁栄家内安全、交通安全、商売繁盛等があります。

たぶんこの神社には、宮司さんは常駐していません。社務所っぽいものも横にあるのですが、あまり人影は見かけません。秋祭りなどの定期的なイベントの時に、お顔を出されているように思います。

本殿から後ろを振り返ると、この景色です。神社の敷地内は、一部駐車場となっています。個人的には駐車場化しているのは少し残念に思うのですが、こういった安定収入があると神社としても安泰でしょうし、なかなか難しいものですね。

保存樹 ケヤキ

本殿を過ぎて、暗がり坂の方に進むと、大きなケヤキに出会います。生き生きとした木で、見ていて気持ちよくなります。

久保市稲荷社

久保市乙剣宮の同じ境内にある神社です。

暗がり坂

久保市稲荷社の横から、暗がり坂に入ることができます。

階段を降りていくと、主計町に到着です。

主計町に入ると、町並みが急に一変しますね。

アクセス

ひがし茶屋街の最寄り駅でもある「橋場町」で降りて、歩いて、久保市乙剣宮に行くのがわかりやすいと思います。本当の最寄り駅は尾張町なのですが、いろいろバス停を覚えるのは大変なので、「橋場町」と覚えておくと良いと思います。

編集後記

ひがし茶屋街のお店の氏神様は宇多須神社ですが、主計町のお店の氏神様は久保市乙剣宮です。通りをまたぐことで氏神様が変わります。

ひがし茶屋街も主計町も、金沢の有名観光地なので、それぞれの氏神様に参拝に行くのも面白いと思います。

金沢をお楽しみください!

神社情報

神社名:久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)
御祭神:素戔嗚命
住所:金沢市下新町6番21号

関連記事



広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告