ANAクラウンプラザホテル「カスケイドダイニング」のゴージャスビュッフェでお腹いっぱい

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい
こんにちは、金沢座のMOKOです。

ANAクラウンプラザホテルといえば、前回は5階にある雲海さんにお邪魔しました。今回はホテルビュッフェでお肉をたくさん食べたい!という事で1階にあるカスケイドダイニングさんにお邪魔しました。

能登キリコ

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

この日ホテルのロビーに展示されていた展示物は能登キリコの縮小版です。江戸時代から続く能登のキリコ祭りは7月~9月に渡り能登地方で行われているお祭りです。巨大な灯篭を担ぎ、乱舞するもので、日本遺産に認定されています。金沢にいても能登半島は伝統的なお祭りや風習が色濃く残っているのを感じます。東京にいたときは、お祭りにあまり興味がありませんでしたが、能登半島には行ってみたいお祭りがたくさんあります!

広告
ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

エントランスからカスケイドダイニングに向かう途中、左手には滝が流れています。

おしゃれなビュッフェ

40~50種類ほどはあるでしょうか。和洋折衷の色とりどりの前菜や、メイン料理が並んでいます。

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

特に目を引くのが、ビュッフェコーナーの一番手前にある前菜。カラフルな盛り付けがとっても可愛らしくオシャレで、テンションが上がります。

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

鴨肉と茗荷と彩り野菜のピンチョスや、イチジクとブルーチーズを合わせたものなど、シェフのアイディア、腕前は驚きの連続でした。手間暇かけて作られた前菜を頂くのはとっても贅沢な時間です。

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

ライブキッチン

この日のライブキッチンは、ローストポークとローストビーフでした。カウンターに行くと係の方が切り分けて下さいます。オニオンのソースか、和風おろしのソースか2種類選べました。

<img class="alignnone size-full wp-image-1861" src="https://kanazawaza.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_20170821_184209.jpg" alt="ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい" width="1040" height="780" /> エントランスからカスケイドダイニングに向かう途中、左手には滝が流れています。

こちらはさすが、ホテルクオリティです。とっても美味しかったです。お代わりして、夫の座長より多く食べてしまいました(;’∀’)

ビシソワーズ

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

シェフが丁寧に作られている美味しさです。

デザート

ケーキが数種類と、盛沢山のフルーツ、瓶詰のクッキー、自分でトッピングができるソフトクリームなどなど目移りするほどたくさんありました。お食事をたくさん食べても、デザートは別腹ですよね。しっかりと頂きました。

ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい

抹茶のムースとクッキー3種類、マンゴーのケーキ、ドーナツとカプチーノ。

途中、ホテルに宿泊している東京の某大学のサッカーチームが押し寄せてきて、席は満席、そしてお料理がどんどん減ってしまうという事態に陥りました!ご飯がなくなったり、お肉がなくなったり、、、。しかしそこは一流ホテル、しばらくしたら補充され、男子学生くんたちもお腹いっぱい食べられたようです(笑)それにしても、部活の合宿でANAホテルとは、リッチな大学です・・・!

とっても美味しくて手の込んだお料理に、大満足です!ビュッフェに来たくなったらまた参ります♪

店舗情報

店名:カスケイドレストラン
営業時間:6:00~23:00(L.O.22:30)
住所:石川県金沢市昭和町16-3
電話:076-224-9802

広告
ANAクラウンプラザホテルのカスケイドダイニング、ゴージャスなホテルビュッフェでお腹いっぱい
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。