金沢 古都美カフェで上品なスイーツ

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

モコさんがずっと行きたいと言っていた、古都美さんにお伺いしました。古都美さんはオフクさんのすぐ近くにあるお店なのですが、オフクファンとしてはついオフクさんの方にばかり目が行ってしまっていて、なかなか行けず仕舞のお店でした。


広告

入り口

古都美さんですが、21世紀美術館の敷地にも隣接しているので、そのまま中に入ることもできますし、道路側から入ることもできます。こういったオシャレな入り口のお店です。

のれんをくぐると、、、

スイーツが上品に展示されています。

1階の奥にはカフェではなく、スイーツの販売コーナーがあり、お菓子だけを買いたい方はここで買えます。

カフェは2階

カフェを利用したい場合は、階段で2階に登ります。2階への案内は、1階の店舗スタッフの方がしているので、声掛けをして少し待ちます。

2階に登ると、ちょっとした廊下を通って、カフェ店内に入ります。

カフェは広々としています。けっこう入場規制がかかるのですが、回転率よりも居心地重視のお店つくりをされているのかなと思います。

2階席はしいのき迎賓館の前で、見晴らしがよかったです。

カフェメニュー

21世紀美術館横の立地にして、このお値段は良心的ですね。

古都美のカフェメニュー
・加賀ほうじ茶のプティ・ソール 600円
・加賀ほうじ茶のティラミス 430円
・宇治抹茶のフロマージュ 430円
・モンブランタルト 490円
・古都美のぜんざい 750円
など

お水とお菓子

お水と一緒に、ちょっとしたお菓子もいただきました。

白味噌仕立てのお菓子で、白味噌がほんのり香るおいしいクッキーでした。このお菓子は1階でも買えるとのことです。

ロールケーキ

ロールケーキは、ふわっふわです。クリームは軽くて、あっさり系です。ぺろっといただくことができました。

アイスはほうじ茶アイスで、かかっているソースは黒蜜です。メニューでもほうじ茶を使ったものが多かったので、地元の食材に拘っているのでしょうね。

ぜんざい

お餅が2切れ入っている、ぜんざいです。ぜんざいは能登大納言を使っていて、甘さ控えめでとてもおいしかったです。

ただ、、、器がかなり上げ底で、見た目とのギャップが大きく、ややがっかり感が。。。深さ2cmぐらいしかなかったので、驚いてしまいました。普通の器で出してもらった方が良いかなぁ。

編集後記

値段相応といえばそうなのですが、僕たちは1人1皿だと足りませんでした。2人で3皿ぐらいならぺろっと食べられると思います。

量はやや少なかったのですが、お味はどれもおいしく、お店の雰囲気もとてもよかったです。21世紀美術館で歩き疲れたなーという方には小休止でおすすめかと思います。

余談ですが、2階にあった「押すなボタン」。うーん、気になります(笑)

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。
店名 古都美
営業時間 11:00~18:00
住所 石川県金沢市広阪1-2-27 2F
定休日 月曜日
食べログ https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17009497/

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です