東茶屋街の新鋭!ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ
こんにちは、金沢座のMOKOです。

東茶屋街のセンター通りの手前に2017年の4月、新しくコロッケ屋さんが出来ました。普通のコロッケとは様子が全く違う、細長くて、色とりどりの衣をまとった新鋭コロッケ屋さんです。

休日になると、観光客さんが列をなしているのを何度も見かけました。そんなとっても気になるコロッケをやっと食べて参りました。

日曜日の10時、開店直後にお邪魔しました。なんでも注文が入ってから一つ一つ揚げるので、どんなに空いていても必ず6分は待たなくてはなりません。なるほど、行列が出来る訳ですね。


広告

店内の様子

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

コロッケ屋さんというと下町の商店街にあるお肉屋さんやお惣菜屋さんしか思い浮かばないのですが、こちらはお洒落な洋菓子専門店さながらの店内です。

コロッケの陳列も、手間暇かけて作り上げたスイーツのように美しく、規則正しく並べられています。

メニュー

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

メニューからして、今まで食べたことのないようなコロッケばかりです。金箔の乗った金沢クロケットというのが一番お値段がしますね!甘えびや、五郎島金時などといった金沢ならではの素材を使っています。

デザート感覚のスイーツコロッケもあったり、よもぎもちとあんこというコロッケもありました。面白いですね。コロッケの概念を覆す商品群です。

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

注文の仕方

1.メニューやショーケースを見て、注文します。

2.お会計を済ませます。

3.6分間、コロッケが揚がるのを待ちます。
(混雑している時は待ち時間が長くかかります)

4.コロッケを受け取ります。

ピッザポテト

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

この時は濃いめの味が食べたい気分だったので、こちらを注文しました。ほくほくのじゃがいもの中にトマトとチーズ味の具が入っています。そして上にはバジル塩を振りかけてくれました。なんだかイタリアンのコースに出てきそうな一品ですね★

東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ

コロッケを買うと言ったら、下町のコロッケしか知らなかったので、予想を完璧に裏切られました。とてもめずらしい、新感覚を味わえました!

美しいビジュアルのコロッケにわくわくいたしました♪ご馳走さまでした。

追記

食べ歩きについてご指摘があったので、追記いたします。

こちらのお店は、ひがし茶屋街では珍しくイートインスペースがないお店です。どこで食べたらいいか確認をしたところ、店頭か鳥鶏庵さんの中のスペースを指定されました。

ひがし茶屋街は食べ歩き禁止ではあるのですが、お店の指定ということでそのまま店頭でいただくことにしました。ひがし茶屋街は出店にかなり厳しい条件があるので、そのお店が店頭を指定したということは町の許可もとっていると判断しました。
(いくら指定とは言え、違うお店のコロッケを持って鳥鶏庵さんに入るのもご迷惑がかかると思いましたので・・・)

店舗情報

店名:ヴィレ・デ・クロケット
営業時間:平日10:30~18:00 /土日祝 10:00~18:00
住所:石川県金沢市東山1-2-7
電話:076-254-5605
定休日:なし

広告
東茶屋街の新鋭コロッケ ヴィレデクロケットさんの長~いコロッケ
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。