ひがし茶屋街のおしゃれな町家カフェ「久連波(くれは)」

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

先日ラジオを聞いていたところ、リスナーの方から「どういった時に夏の終わりを感じますか?」という質問が寄せられていました。それに対するパーソナリティーの回答が「僕はそうめんがすごく好きでよく食べるのですが、おいしく感じなくなってきたときに夏の終わりを感じます」というものでした。

確かにそうだなーと。僕の場合はそうめんじゃなくて梅干しです。モコさんが毎日お弁当を作ってくれて、夏の間は梅干しが入っていると「うまい!」と思うのですが、ある時から「もうふりかけにしてください」と思うようになります。

そうめんもうどんなどに比べて塩分が多いので、塩分が濃いものをおいしいと感じなくなってきたら、夏の終わりなのかもしれませんね。


広告

メインストリートにあるカフェ

今日は、久連波(くれは)さんにお伺いしました。メインストリートにあるので、ひがし茶屋街に来たことがある人であれば、ほぼ間違いなく前を通られていると思います。

こちらのお店ですが、「カフェ」と「友禅ギャラリー」がセットになっているお店です。

厳密に言えば、
「茶房 くれは」
「友禅ギャラリー 久連波」
ということで、店名も分けられているようです。

ザ・ひがし茶屋街とでも言えるような、情緒ある格子などがあり、店内のきれいな友禅やおいしいカフェは目の保養にもなります。

紫色がカフェ、赤色がギャラリーです。中では一つにつながっています。

カフェの前にはメニュー表も置かれていて、よく足を止めている人を見かけます。

町家らしい店内

町家を改装した店内は、伝統的な作りを色濃く残しています。

かわいらしい掛け軸

扇形の欄間(らんま)

落ち着いた床の間

畳の上には座布団。昔ながらの造りです。

カフェメニュー

上生菓子 450円
抹茶ソフトクリーム 400円
金沢棒茶ソフトクリーム 400円
冷やしぜんざい 700円
・・・など

観光地価格ではなく、非常に良心的な価格設定になっていると思います。和菓子は、予約生産の吉はしさんのものらしいので、間違いなく美味しいでしょうね。

デザート

僕は棒茶ソフトを注文。棒茶の味が濃くておいしかったです。

抹茶ミルク。抹茶が濃い!アイスが食べたくてこのお店に入ったのですが、アイスよりもこちらの抹茶のほうがレベルが上のように感じました。

ちなみに、僕たちの机はむちゃくちゃ低かったです(笑)これは昔ながらの机なのでしょうか?

食事をいただきながら、ひがし茶屋街の様子を見ることもできます。

奥に見えるのは、屋根すら突き破っている松です。一見さんお断りのお店だそうで、どうすればお店に入れるのかすら不明です。いつか行ってみたいなぁ。

編集後記

ザ・町家、ザ・ひがし茶屋街というような王道のカフェでした。

軽食メニューや和菓子メニューも充実していて、小休止にはもってこいのお店だと思います!

ギャラリーにある友禅も素敵なものばかりだったので、お土産も買えると思いますよ。

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。

店舗情報

店名:久連波 (くれは)
営業時間:10:00〜17:30
住所:石川県金沢市東山1-24-3
定休日:水曜
食べログ:https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000663/

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です