金沢マラソン2019の開催日、応募方法、過去の倍率は?

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

2019年10月27日(日)に開催される「金沢マラソン2019」

2015年から開始となり、今年で5回目!今年は僕も応募をすることにしました!

去年の金沢マラソンを見に行ったときに、モコさんに「来年は僕も出るわ」と言っていたのですが、それを覚えられていて、モコさんのプレッシャーに勝てず、応募をすることにしました。

お祭り中はテンションが上がって「やりたい」と思っていたものの、その後賢者モードに入って無理だなと思っていたのですが、逆にこういってプレッシャーがかからないとやることがないだろうと思って、その勢いのまま応募をすることにしました。

ブログの読者さんの中にも応募されている方はいらっしゃるのでしょうか。一緒にがんばって走りましょう!・・・まだ抽選結果が出ていませんけど。


金沢マラソン2019の開催日時

開催日時 2019年10月27日(日)
参加人数 13,000人
制限時間 7時間
参加料 10,000円
広告

金沢マラソン 開催までのスケジュール

金沢マラソンHPから引用をしています。

金沢マラソンのコース

コースは2018年と同じものです。

コースを実際に車で走った動画はこちらです。

金沢マラソンの完走率

昨年までの完走率です。95%以上の方が完走されています。僕は完走できるか全く未知数なので、参加者のみなさんは本当にすごいなとつくづく思います。

参加人数 完走人数/完走率
1回:2015年 11,821人 11,445人 / 96.8%
2回:2016年 13,265人 12,843人 / 96.8%
3回:2017年 13,334人 13,975人 / 95.4%
4回:2018年 13,049人 12,654人 / 97.0%

金沢マラソンの倍率

過去の金沢マラソンの倍率はこのようになっています。倍率は、優先出場枠を差し引いた人数で算出しています。

2018年は定員が1,000人少なくなったので倍率も上がりましたが、2019年は定員が13,000人に戻りましたので、倍率は2018よりも落ち着くのではないでしょうか。例年でいうと、2.5倍前後になるだろうと予測しています。

エントリー人数 定員数 倍率
1回:2015年 30,578人
・一般枠 29,118人
・優先枠 1,460人
12,000人 2.76倍
29,118/(12,000-1,460)
2回:2016年 27,184人
・一般枠 25,980人
・優先枠 1,204人
13,000人 2.20倍
25,980人/(13,000-1,204)
3回:2017年 29,757人
・一般申込者 28,317人
・優先出場者 1,440人
13,000人 2.45倍
28,317/(13,000-1,440)
4回:2018年 32,297人
・一般申込者 30,795人
・優先出場枠 1,502人
12,000人 2.93倍
30,795/(12,000-1,502)
5回:2019年 3,3995人 13,000人 3.05倍

編集後記

僕の高校では、体育の授業で3キロマラソン、5キロマラソンをするのが伝統でした。高校時代も、それから何十年と経っても、あのマラソンは意味がなかったとずっと思っていたのに、まさかこの年になって、そのトラウマのマラソンよりも遥かに長い距離を進んで走ろうとするとは・・・。

不思議なものです。

ぜひ当選して、完走をしたいです

関連記事



広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告