能登の隠れ家 民宿「ふらっと」での大満足の時間!

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します
こんにちは、金沢座のMOKOです。

座長と一緒に能登旅行に行こうと思いついた時、民宿が良いねという話しになりました。6月中旬に行く予定で4月頃から探していて、いくつか候補があり、決めかねていました。

MOKOが通っているお料理教室でそんな話しをしていたところ、ちょうど能登の旅館で働かれている方が単発で同じクラスを受講されていて、その方から「ふらっとさんに行ったけれど、とても良かった」ということを教えていただきました。

実はその時、ふらっとさんともう一つの民宿が候補で決めかねていたところだったので、ふらっとさんに決めたのでした。

ふらっとさんは、オーストラリア人の旦那様と、日本人の奥様の2人が営まれている1日4組限定の、小さな民宿です。

オーストラリア人のベンさんは20年ほど前に現地でヘッドシェフをされているところ、日本人の能登出身の奥様と出会われ、こちらの能登に移住してこられました。

能登の土地の食材や、伝統である魚醤、いしりなどを学ばれて今ではその土地の人以上の経験と豊富な知識で、丁寧にお料理を作られています。(晩ごはんの記事はこちら

広告

ふらっとへの道のり

私達はふらっとさんに行く前に車で5分程南にある温泉のなごみさんに立ち寄ってから行きました。海沿いの国道249号線沿いを北上していきます。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します 能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

国道沿いに茶色い看板が出ています。左折をして、50mほど進むと、次は右折350mという看板が出ています。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します 能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します 能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

道なりに進んでいくと、飛び出し注意のキャラクターがいますので、その向かいぐらいがふらっとさんです。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

入口

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

まるで料亭のような佇まいの入口です。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します 能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

暖簾をくぐるとさらに趣のあるアプローチです。これから入るお宿がどんなお宿なのか、期待が膨らみます。

お部屋

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

お部屋からの眺めです。広い敷地のお庭の奥は海が見えます。お部屋は全て海に面した造りで、10畳の広さのあるお部屋と洗面所とお手洗いがついていました。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

お茶でほっこり。自家製栽培の杜仲茶です。久しぶりに杜仲茶を飲みました。優しいお味でとっても美味しい。ポットにたっぷり入っていたので、チェックアウトまで2人で飲み干しました。

チェックインは16:30頃しましたが、お夕食の18:30まで少し時間がありました。長時間の移動もあって、しばし畳の上で気持ちよくごろんとさせていただきましたよ。

お夕食のレポは長くなりそうなので、別記事でご紹介させていたきます。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します 能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

落ち着いた廊下。

お散歩

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

前日は早くに横になったので、朝は6時頃目が覚めました。周りが静かなのと、緑に囲まれた本当に空気の良い場所なのでぐっすりと気持ちよく眠れて爽快な目覚めでした。

朝、海までお散歩に行きました。内海は穏やかです。とても気持ちの良い風が吹いていました。

食堂

昔ながらのお家の居間といった感じで、広々とした空間には囲炉裏もあります。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

窓際には自家製の唐辛子や、かつお節が干されていました。何から何まで手作りをされています。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

お部屋の片隅にはアート作品が置いてあります。お部屋の雰囲気をぐっとおしゃれに、それでいて心地よいものにしてくれています。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

こちらには能登の輪島塗の揃えがありました。このようなお道具は家宝レベルですね。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

窓際のセンターにはお食事で使っている作家さんのガラス皿やリングホルダーなどが展示販売されていました。かなり惹かれました(*^^*)

朝食

朝8時からの朝食タイム。夕食とは打って変わって伝統的な和食と聞いていたので、こちらも楽しみにしていました。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

囲炉裏で焼いているのは海餅(かいべい)です。炊き込みご飯を串に丸めて焼いたものです。そして、こんか鯖という能登ならではの保存食です。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

伝統を生かした自家製のお漬物がほんの少しずつ、素材にこだわる贅沢な朝ごはんです。白米はお代わり自由とのことだったので、MOKOはもちろんおかわりしましたよ。白米好きな人なら3~4杯はいけちゃうかもしれません(笑)お味噌汁は大きな輪島塗のお椀にたっぷり。お味噌汁大好きの座長は大喜びです。自家製のお味噌で身体の芯から喜ぶお味噌汁でした。

能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します

このこんかさばは、保存食なので塩分濃度は濃い目なのですが、発酵しているため、ねっとりとしていて何とも言えない味わい深さがあります。このこんか鯖から能登の食文化の奥深さが垣間見えた気がしました。こちら、お土産にはなかったのですが、忘れがたいお味です。絶対また食べに来たいと思いました。

お味噌汁は大きな輪島塗のお椀にたっぷりです。自家製のお味噌で身体の芯から喜ぶお味噌汁でした。

立派な輪島塗です。

民宿を後にしてから座長と2人で、民宿って素敵だね~としみじみ話してました。オーナー夫妻の人柄や、温かみが伝わってくる、居心地の良い空間でした。また何年か後に来たいと思います。

能登での素晴らしいひとときをありがとうございました。ふらっとさんでの滞在は私達にとって、特別な思い出になりました。

店舗情報

店名:民宿 ふらっと
営業時間:in15:00~out10:00~/お食事のみの場合、昼食12:30~夕食18:30~のみ
住所:石川県鳳珠郡能登町矢波 石川県能登町 矢波27−26−3
電話:0768-62-1900
HP:http://flatt.jp/index.html

広告
能登の隠れ家民宿フラットさんをご紹介します
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です