【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン

【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン

こんにちは、金沢座 座長のスミタです。

片町の喧騒からやや外れ、北國新聞社の横の通りから裏通りに入ったところにある洋食屋RYO。たぶん観光客さんで人通りも少なくはない立地かと思いますが、正直に言えば何か観光スポットが近くにあるわけでもなく、スルーされがちな場所かもしれません。

私自身も、これまで何度となく通っていましたが、調べてみるまでここに洋食屋があるとは意識しませんでした。

ただ、この地で50年以上もお店をされてこられたということは、味も間違いないだろうということで楽しみにしながらお邪魔しました。

お店に入って真っ先に目に入ってきたのは、大将の「ザ・職人」というオーラ。白髪で優しそうなお顔立ちなのですが、やはりこなしてきた場数が違います、動きが1つ1つ洗練されていました。

食器やお鍋の場所1つとっても無駄がなくて、カウンターから見ていて全く飽きが来ませんでした。

広告

メニュー

コーンスープ

定食のセットのお味噌汁を、別途100円(あいまい?)でコーンスープにグレードアップできます。

【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン

スタミナハンバーグ定食 1500円

町の洋食らしくがっつりいきたかったので、「スタミナ」と名のつく定食を注文。ハンバーグの上に、ナポリタンが乗っていて、副菜としてじゃがいもものっかっています。

写真だけ見ると何か分からないですよね(笑)この豪快さ、東京にはない、田舎の町の洋食屋らしいです。お味は王道の洋食屋のハンバーグ!とても美味しい。

【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン

ビフカツ定食 2200円

定食で2000円超えとは・・・!観光客向けの価格とも思ったのですが、お店の前にも看板を出していて一押しメニューだったので注文してみました。スタミナハンバーグ定食と対象的ですが、量はさほど多くありません。写真で感じるイメージの8割ぐらいでしょうか。ビフカツの下にはパスタも入っていました。

ビーフの量はややお上品な感じでしたが、お味はグッド!とてもおいしくいただきました。

【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン

総括

お値段がやはり観光地価格設定でしょうか。普段から行くとなると、今よりも10〜20%ぐらい抑えていただくとうれしいかなと感じます。

ただ、お味は間違い無し!お店もきれいで、大正ロマンを感じます。大将のオーラというか料理人としての姿も素敵でした。今度は昼の洋食じゃなくて夜に行ってみたいと感じました。夜10時までやっているなら、仕事終わりに一杯できますしね。

昔ながらの洋食屋さんで、1品1品丁寧に作り込まれているので、おすすめします!お近くに寄られた際にはぜひお立ちよりくださいませ。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名:洋食屋 RYO
定休日:水曜
営業時間:11:30〜15:00 / 17:00〜22:00
住所:石川県金沢市長町1-4-57 長町ビル 1F

広告
【洋食屋RYO】50年以上の経験を持つ白髪のシェフが作る王道洋食レストラン
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。