能登半島のおすすめ お土産

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

能登半島に遊びに行ったときに、どういったお土産を買って帰ると良いのでしょうか。

おすすめのお土産をご紹介いたします。


ひっぱり餅

1949年創業の老舗和菓子メーカーのお菓子です。昭和40年代にせんべいの生産量が全国1位になったのをきっかけに、「能登の名物を作りたい」という地元の声をうけ開発されたのが「ひっぱり餅」です。「誰がひくやら切れはせぬ」と縁起の良さから人気を博し、能登を代表するお土産となりました。

商品名 ひっぱり餅(白)8個入
価格 810円(税込)
日持ち 40日
HP http://hipparimoti.co.jp/index.html

いも菓子

奥能登の多くのお店で販売されていますが、代表するものといえば、泉谷菓子舗のいも菓子です。1855年に創業の老舗の和菓子屋さんです。こちらのいも菓子は、中は白あん、外はニッキの香りのする皮でできていて、素朴な味を楽しむことができます。

商品名 いも菓子
価格 5個入 525円
HP http://www.noto-suzunari.jp/wp/?p=234
広告

珠洲の塩

日本最古の製法で作られている塩です。「手塩にかける」という言葉もありますが、その語源となった塩作り方法でつくっています。

商品名 珠洲の海
価格 100g 550円〜
HP http://suzuseien.jp/

みそまんじゅう

いんげん豆で餡をつくった、味噌まんじゅう。さんぱりとした味噌味の記事はあっさりとしていて飽きがこないおいしさです。

商品名 みそまんじゅう
価格 1個 130円〜
日持ち 夏季:常温5日 冬季:常温7日
HP http://misoman.com/

いしり

いかの内蔵を塩で仕込んで、1年以上発行させたいか魚醤です。魚醤なのでクセはありますが、いかの塩辛などがお好きな方でしたらかなりハマると思います。伝統調味料なので、各店舗様々なものがありますし、能登ではご家庭で作られているところもあります。

商品名 いしり
価格
HP http://www.ishiri.jp/

えがらまんじゅう

輪島の朝市に行ったら、ぜひえがらまんじゅうを食べてみて!

練ったもち米でこしあんをつつみ、くちなしの黄色で染めたお饅頭です。金沢の和菓子屋さんでも販売していますが、能登老舗和菓子屋「つかもと」さんはえがらまんじゅうを専門にしています。(食レポはこちら

商品名 えがらまんじゅう
価格 1個 150円〜
HP http://www.egara.128.ne.jp/

柚餅子(ゆべし)

1910年創業の老舗の和菓子屋「柚餅子総本家中浦屋」のゆべし。ゆべしは源平時代に生まれたとも言われいる歴史あるお菓子です。能登のゆべしが有名になったのは、輪島塗の行商人が携帯食や手土産で持ち歩いていたからと言われています。

商品名 柚餅子(ゆべし)
価格 1個 2052円(税込)〜
HP http://yubeshi.jp/index.html
能登旅行のお土産に1ついかがでしょうか?
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です