日舞、女形のプロ!金沢出身 篠井英介さんの活躍から魅力を紐解きます

日舞、女形のプロ!金沢出身 篠井英介さんの活躍から魅力を紐解きます
こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

石川県の金沢出身で、俳優としては1984年から活動されている篠井英介さん。バラエティーで見せる顔は普段の印象とは違い、気さくで面白いと評判の方です。そんな篠井英介さんをご紹介するうえで外せないポイントといえば、やはり「日本舞踊」でしょう。

今回は、篠井英介さんのさまざまなエピソードや活動をご紹介するとともに、日本舞踊にもスポットを当ててお話していきたいと思います。

広告

篠井英介さんのプロフィール

篠井英介さんは1958年生まれで、現在58歳。血液型はA型です。女形で有名な篠井さんですが、やはりそのスタイルの良さには驚かされます。身長173センチ、体重63キロということで、男性にしてはやはりスレンダーですね。

憧れの人は美空ひばりさん

俳優や演じる者を志す方には、必ずといっていいほど影響を受けた憧れの人というのが存在しているように思います。篠井さんにとってそれに値する人は、日本を代表する歌姫、美空ひばりさんだったそうです。驚いたのは、彼女に憧れを抱き始めた年齢は篠井さんがまだ5歳の頃だったのだとか。

5歳の男の子が美空ひばりさんに憧れるなんて、とても意識の高いお子さんだったのでしょう。そして、そんな5歳の少年がまず夢中になったのは日本舞踊でした。

篠井英介さんが愛する日本舞踊

日本舞踊には、5大流派が存在します。篠井さんはその中の藤間流という流派で、日本舞踊名としては「藤間勘智英」という名も持っています。この流派による違いは踊りや派生などで、それぞれ特徴があります。

近年、ニュースなどでも話題となった「花柳流」も5大流派のひとつですね。家元襲名に関する争いから裁判にまで発展し、ニュースに取り上げられることになってしまいましたが、花柳流は日舞の最大流派ともいわれています。

流派の選び方

日舞の流派はどのようにして選ぶものなのでしょうか。篠井さんの舞を見ていると、あまりの美しさに少しでも近づきたい、日舞を習いたい、と考える方も多いことでしょう。

実は、流派の選び方は先生との相性がもっとも重要になるそうです。もちろん、憧れの方がいる流派を選ぶのも良いそうなので、教室などを覗いてみて決めるのもよいかもしれませんね。

篠井英介さんが所属する3軒茶屋婦人会って?

俳優として、ドラマや映画に活躍している篠井英介さんですが、「3軒茶屋婦人会」という会を結成していることはご存知でしょうか。毎年公演を行っているわけではないのですが、数年に一度は必ず新作を発表しています。

3軒茶屋婦人会のメンバー

メンバーは、篠井さんの他に大谷亮介さん、深沢敦さんの3人。2015年には、3人が真っ白なドレスを身にまとった舞台「ス・ワ・ン」で話題を集めました。初めは女装しているオジサンに見えても、不思議とその世界観に惹きこまれ、いつの間にか本物の女性に見えてくるという圧巻の作品でした。

登場人物はもちろんメンバーである3人だけで、舞台としてはとても珍しい形だと思います。しかし、そこにこだわりをもつことで、一人一人が一つの作品の中でたくさんの役を演じるといった面白さも生まれます。女よりもリアルに女に見える、そんな感想を抱く方が後を絶たないほどです。

「ス・ワ・ン」から2年ほどが経つため、そろそろ新作発表となるかもしれませんね。

女性を演じる時に大切にしていること

女性でも、全く自分とは違う人物像を演じるというのは難しいものです。篠井さんが女性を演じる際に大切にしているポイントは、生々しさとその女性が持つ深さを出すことだと語っていました。

女性特有の感情のふり幅や表情、すべてを大切に演じることで、人を魅了する舞台になっているのでしょう。演じるということの深さ、演者さんたちがいかに演じることに対して熱い思いを抱いているのかということを、この言葉からうかがい知ることができるように感じます。

篠井英介さんの最近の活躍

最近篠井さんが出演した作品で話題となったのは、やはりドラマ「相棒」の映画最新作でしょう。劇場版では右京の相棒が3人そろって出演するなど、大人気作品となりましたね。

篠井英介さんは、内閣官房副長官という大物な役どころを演じられました。

昨年には、ドラマIQ246〜華麗なる事件簿〜や、舞台「Vamp Bamboo Burn」にも出演されています。もうすぐ還暦という節目を迎える篠井さんですが、変わらずの活躍に目が離せません。

今回は金沢出身の代表役者、篠井英介さんについてご紹介いたしました。なぜか私生活はベールに包まれていて、その素顔のすべてを知ることはできませんでしたが、役者としての才能や女形への熱い情熱を感じることはできましたね。

舞台やドラマ、映画にバラエティー、いろんな作品を通してさらなる魅力をもっと見せてほしいと感じる役者さんだと思います。還暦を迎えても、今と変わらない姿で活躍してくれることを楽しみに、60歳になった篠井さんの演技にも注目していきましょう。

公式プロフィール

広告
日舞、女形のプロ!金沢出身 篠井英介さんの活躍から魅力を紐解きます
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。