能登ミルク ジェラートの実食レポ

こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

先日香林坊大和に遊びに行ったところ、期間限定で能登ミルクのブースができていました。

マルガージェラートと言い、金沢ではジェラートブームが来ているのでしょうか。

ジェラート(というより、アイス全般)は大好きなので、食べてみることにしました!


広告

能登ミルクって?

能登ミルクは、能登にある5軒の牧場で育てられている牛から絞った牛乳だけを使用しているジェラートです。毎日搾りたての牛乳を使用していて、牛乳の鮮度にも気を配り、搾ってから6時間以内に工場で生産をしているそうです。

店舗は七尾市に1店舗あるだけのようで、たぶんこういった期間限定店がなかったら、なかなか食べる機会がなかったお店かなと思います。

メニュー

料金は、2種類のみです。
シングル 380円
ダブル 480円

 

出張店舗では、以下の6種類のメニューとなっていました。
ティラミス
能登ミルク
ピスタチオ(100円アップ)
加賀棒茶
ラズベリーチーズケーキ
能登ブルーベリー

能登ミルク&ティラミス

僕が注文をしたのは、王道の「能登ミルク」と「ティラミス」です。

能登ミルクは濃厚な味でとてもおいしかったです。さすが看板メニューというお味。ただ、思ったよりもミルク風味がすくなく、甘く感じました。もう少し甘さ控えめのほうが好みだったかな。

ティラミスも完成度が高く、おいしかったです。完全に混ぜきってしまうと、茶色になるので、写真映えするように軽く混ぜる程度にしておいたほうがよかったように個人的に思いました。

編集後記

肌寒くなってきたこの時期の出店でさえなければ、もっと人気が出ていたのではないかなと思います。次は夏場に来てほしいですね!

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です