【金沢の奇跡】らーめん 神楽の、無添加無化調でこだわり抜いた「至極」の一杯

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます
こんにちは、金沢座 座長のすみたです。

MOKOさんはとても歩くのが好きな方です。ぶらぶら散歩でも1時間は平気出歩ける人です。僕はデスクワークですから歩くのがそんなに好きではなく、いつもヒーヒーいいながら着いていってます。

ただ、散歩をしていると、東京から移住してよかったなと強く思います。だった空気がきれいですから。東京はやっぱり排気ガスくさかったり、飲食店の油臭いようなにおい、雨上がりにはドブ臭いニオイなどをよく感じていました。

金沢ではそういったことが一切ありません。肺いっぱいに深呼吸をして、遠くの青々とした山を見ながら散歩をするのは、とても楽しいものです。

さて、そんな散歩日和だったある日、我が家から40分ほどかけて歩いて(笑)、金沢ラーメンの最高峰に行ってきました!

広告

言わずとしれた名店

金沢最高峰ラーメンとして名高い神楽。立地は車がないと行きにくいところなので、ラーメン大河と違って、観光客さんは少ないかと思います。

僕達が着いたのは土曜日の12時半頃。土日のお昼真っ只中ということもあり、行列は10人待ち!とは言ってもこれぐらいは想定の範囲内。回転率の高いラーメンではそんなに待つこともないですから、そのまま並びます。

MOKOさんに並んでもらっている間に僕は周りの写真撮影。「らーめん神楽」という店名よりも『大きな「自然派」』。

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

木の看板で目立たない「中華そば神楽」に対して、真っ白い看板でとても『目立つ「神楽自家製 無添加餃子」』

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

店名よりも、自然派や無添加が目立つところに、心意気を感じます。

15分ほどで着席

やはり回転率が良いですね。15分ほどで着席できました。列に並んでいる間に注文は済ませているのですが、次回来店時に備えて(気が早いか(笑))メニューをチェック。

今回は醤油味を選択しましたが、塩もすっごく気になるなぁ。

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

裏面にはチャーシューが2枚あることが書かれています。どちらのチャーシューがいいか決めかねたので、両方のっている「Wチャーシューらーめん」を選びました。

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

餃子もこんなにこだわり書かれていたら頼むしかないっしょ!

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

Wチャーシューが別皿で到着

チャーシューが別皿なのは非常にポイントが高い・・・!こういった火が完全に入りきっていないようなチャーシューだと、らーめんの上にそのまま置いておいたらどんどん火が入っていってしまうじゃないですか。

あれが本当に嫌なんですよね。なんで火入れしていない状態のものを提供されているのに、食べる頃には火が入ってしまうんだ!と毎回思ってしまいます。こういった別皿は火入れの心配をしなくていいので、とてもうれしいです。

チャーシューは2種類のっているのですが、見た目ではいまいちどっちがどっちから核心を得ていないのですが、僕は「真空調理チャーシュー」の方が好みでした。すっごく柔らかいんですよね。窯焼きチャーシューは肉肉しい食感のいわゆる普通のチャーシューという感じでしょうか。真空調理の方は食べた瞬間に「ふわっふわや!」と思う、とても上品な食感です。

イメージでいうところの、窯焼きチャーシューはラグビー部で、真空調理は茶道部といった感じです(笑)

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

無添加餃子

パリッパリの餃子です。ラードや背脂を使っていないと書かれている通り、とてもあさっりした味です。MOKOさんと2人で1人前をいただいたのですが、これなら一人前ぐらいぺろっといってしまいそうです。

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

無添加らーめん、登場!

いよいよ、待ちに待ったらーめんの登場です!「ザ・中華そば」というビジュアルですね。透き通る美しいスープです。醤油の風味が漂っています。こういう無添加系らーめんって優しさにこだわりすぎて、パンチが弱いところもあるのですが、ダシをしっかりとっているからなのかそういった弱さは感じません。

また無添加麺もむちゃくちゃおいしい!金沢に移住してきて、ラーメン店を開拓していたのですが、一口食べて「ここがナンバーワンだ」と思いました。

中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます 中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます

塩ラーメン(後日再訪)

前回醤油をいただいたので、今回は塩を選択。個人的には醤油のほうが好き!すっごくあっさりしていておいしかったですね。

【金沢の奇跡】らーめん 神楽の、無添加無化調でこだわり抜いた「至極」の一杯

限定のパクチーラーメン(後日再訪)

MOKOさんがオーダーしたパクチーラーメン。僕ら夫婦はパクチーが大好き!でもパクチーって香りがすごい強いじゃないですよね。せっかくの自然派のスープの香りが全てダメになるんじゃないかと思って、僕は懐疑的でした。

・・・と思っていたのですが、めちゃくちゃおいしい!この日一緒に食べた塩ラーメンよりも僕は好きでした。パクチーと醤油が良い具合にマッチしているんですよね。さすが限定に持ってくるだけあるなぁと、とても納得しました。

【金沢の奇跡】らーめん 神楽の、無添加無化調でこだわり抜いた「至極」の一杯

ちなみに、チャーシューは真空調理を注文。レアのようなローストポークのような生々しい(笑)食感で病みつきになります。チャーシューおいしすぎます。

【金沢の奇跡】らーめん 神楽の、無添加無化調でこだわり抜いた「至極」の一杯

編集後記

自然派の優しい味なのに、とてもインパクトのあるお味です。金沢は、東京に比べてらーめんが弱いなぁと思っていたのですが、この神楽は仮に東京にあっても人気店だったと思います。ぜひ一度食べに行かれることをオススメいたします!

余談となりますが、チャーシューは別皿の方が僕は良いのですが、そうなると写真映えが弱くなってしまいますね。マーケティングのことを考えると、上に乗せた方がいいのかな。でも、あえてシンプルな見た目でも提供する味のこだわりには脱帽です。

おなか満腹、こころ満福。ごちそうさまでした。

店舗情報

店名:自然派ラーメン 神楽
定休日:月曜
営業時間:11:30〜14:15 / 17:30〜20:00
住所:石川県金沢市寺町1-20-10

広告
中華蕎麦 神楽では、無添加無化調でこだわり抜いた『絶品』の金沢ラーメンをいただけます
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金沢座

こんにちは、すみた夫婦です。慣れ親しんだ東京を離れて、2016年11月に金沢に戻ってきました。古き良き金沢のことを、もっともっと知っていただくために、夫婦でいろんなところに遊びに行って、ご紹介していこうと思います。