金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
こんにちは、金沢座のMOKOです。

北陸地方には、お魚のぬか漬けがあるのをご存知でしょうか。「こんか漬け」と言って、こんかさばや、こんかいわし、こんかぶりなどと色々なお魚で漬けています。お隣の福井バージョンでは“へしこ”と呼ばれている郷土料理です。

今回はこんかにしんを頂いたので、実食レポートいたします。

広告

ぶった農産さん

今回いただいたのは、野々市市にあるぶった農産さんのこんか漬けです。ホームページを拝見したら、お米や野菜の他、昔ながらの保存食や漬物も作られていて、金沢の食文化を守っている地元の農家さんでした。

野々市の本店の他に、金沢駅のお土産屋さん、あんとや楽天市場にも出店しているようなので気軽に買い物出来ます。

こんかにしん

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
実はこのこんかにしん、日持ちがするので我が家の冷蔵庫のこやしになっていました。日頃食べなれない食材を後回しにしてしまう傾向をなんとかせねば…。(;^_^A

もう賞味期限が切れそうだ~!と慌てて食べべてみたら、と~っても美味しかったんです!もっと早く食べていればよかった!

食べ方

こんか漬けはお魚の上にびっしりとぬかがぬってある状態です。これは洗い流さずに、包丁などで取り除いて、お魚だけをいただきます

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
上がぬかです。味が濃い目についているので、1㎜~2㎜の削ぎ切りにします。

食卓へ

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
とある日の昼食です。と~ても美味しいです。

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
これだけでご飯茶碗1杯いけちゃうんじゃないかというくらい、ご飯が進みます。お酒のおつまみにも最高に合うと思います。

こんかにしんのチャーハン

こんかにしんを混ぜてチャーハンを作りました。

材料
・こんかにしん
・冷ごはん
・玉ねぎ
・小松菜
・卵
・塩コショウ
金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介

金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
美味しい!肉がなくても大満足なチャーハンが出来ました。

添えたこんかにしんは敢えてぬかを落としていません。このぬかが味わい深くてくせになる味なんです!

お魚のぬか漬けは旨味が凝縮されていてご飯との相性が抜群です。お結びにもしてみましたが最高でした。

ちなみに、情熱大陸でも紹介された民宿ふらっとさんでは、自家製のこんか鯖を朝食に提供されています。こちらでは馴染みのある郷土料理ですので、お見かけになられたときはどうぞ!

こんか漬け、なかなか食べる機会はないと思います、ぜひお土産に買って行ってくださいね!金沢駅のお土産屋さん「あんと」や楽天市場に売っています♪
店名 ぶった農産 本店
おすすめ度 4.0(5点満点中)
住所 石川県野々市市上林2-162-1
営業時間 火~金9:00〜18:00(土日~17:00)
定休日 月曜日
地図

関連記事



金沢の伝統食品こんか漬けをご紹介
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告